髪の毛は増やすのではなく太くする!

自分に意志とは関係なく髪の毛が薄くなるときがきます。

これは男性なら仕方のないことで、遅かれ早かれ男性ならほとんどの人が髪の毛が薄くなっていきます。

たまに60代を過ぎても髪の毛がフサフサな人がいますが、それは男性のうちのごく一部。

早い人なら30代、遅い人でも40代後半くらいから髪の毛は徐々に薄くなっていきます。これは男性ならではのことです。

薄くなる髪の毛を黙ってみることしかできないのか?

薄くなっていく髪の毛。

髪型を工夫したり、ボリュームを出すためにパーマをあてたり。

何とかして髪の毛を多く見せようとします。

ですが、薄くなる髪の毛に私たちは何もできないのでしょうか?髪型を薄く見せないようにするしか方法はないのでしょうか?

方法はあります!

ハゲや薄毛の研究は日々進化しています。世界各国の男性がハゲには悩んでいるのだから、ハゲの研究も現在進行形で進んでいます。

近年、若はげ以外の薄毛は何とかする方法が確立されつつあります。

それが育毛剤で髪の毛を太くする方法です。

髪の毛は増やすのではなく太くする

育毛剤というと「髪の毛を増やす」というイメージがありますか?

でもそれは違います。

薄毛やハゲのメカニズムを考えましょう。

男性の髪の毛は、年齢とともに細く弱くなっていきます。これは、男性ホルモンの影響によって、髪の毛が太く成長する前に抜けてしまうからです。

髪の毛が細いまますぐに抜けてしまう本数が増えてくると「薄毛」となって、頭皮が目立ってくるようになります。

そして髪の毛が成長しないですぐに抜けるのを繰り返すと、次第に髪の毛が生えてこなくなります。これがハゲです。

ハゲた状態から再び髪の毛を生やすことは、現在の医学では難しいこと。

毛穴や毛乳頭が残っている状態なら可能ですが、ハゲが長い間続くと、毛穴も毛乳頭も退化してしまいます。こうなると育毛剤でも効果が発揮できません。

でも、髪の毛が細い薄毛状態なら十分間に合います。

そして、成人男性で、髪の毛が少なくなった・ハゲたと感じるのは、本数が少なくなったのではなく、髪の毛が細くなっただけなんです。

そのための対策が育毛剤です。

髪の毛が長く頭皮にとどまって太くハリのある髪の毛に成長するように、頭皮の状態を改善したり、髪の毛の栄養分となります。これが育毛剤の働きです。

諦めないで頭皮ケアすることが重要

薄毛やハゲは髪の毛が少なくなるのではなく、髪の毛が細いまますぐに抜けてしまうから。

その状態なら育毛剤が効きます。髪の毛は太くなります。

だから、自分が薄毛・ハゲと気づいたら、早めに育毛剤を使うことが肝心です。

髪の毛を太くするためには、髪の毛を太くするための育毛剤が必要です。

髪の毛を太くする育毛剤を扱ったサイトもあるので、このような情報サイトを利用して、ぜひ自分にあった育毛剤を見つけてください。

薄毛やハゲは気がついたときに対応すれば十分間に合います。

髪の毛自体は残っている状態です。細いまま成長しないで抜けているだけです。

細い髪の毛を、太くハリのある髪の毛に成長するまで生やすことができれば、自然と薄毛やハゲは治ります。

諦めずに対策をすることで、薄毛やハゲは治る時代ですよ。