夏は髪の毛が太くなるシーズン

髪の毛にも良い季節、悪い季節があるって知ってましたか?

太くてハリのある髪の毛を保つためには適度な潤いが必要です。

植物の土壌と一緒で、荒れ果てた頭皮だったり乾燥した頭皮では、髪の毛が健康に育ちません。

土壌に栄養があって潤いがあって初めて植物が健康的に育ちます。髪の毛も一緒です。

そう考えると、冬は乾燥しやすい季節なので髪の毛にはあまりいい季節ではありません。塵やホコリといった刺激物も飛びやすいので頭皮も傷つきやすくなります。

反対に夏は髪の毛には絶好の季節です。

髪の毛対策は夏からはじめる!

夏が髪の毛にいい季節で、冬が髪の毛に悪い季節なら、冬から髪の毛のケアを始めればいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、それは全くの逆です。

これも植物の土壌と同じことが言えます。

植物を育てるときに、植物は1日2日で育ちますか?土壌は1日2日で良くなりますか?

肥料をやったり土を耕したり。そのあとに種や苗を植えて徐々に成長するの待ちますよね?

頭皮も土壌・植物と一緒です。

頭皮環境を良好な状態にするには時間がかかります。生えてきた髪の毛を太くハリのある髪の毛にするのには時間がかかります。

周りの環境が良い夏のうちに、頭皮環境を改善したり髪の毛の生えるのを手助けすることで、環境の悪くなりやすい冬でも、健康な頭皮・太くてハリのある髪の毛を維持することができるんです。

髪の毛のことはすぐに改善できるわけではありません。

日々のちょっとずつの積み重ねが重要なんです。

頭皮を健康的に保つためには乾燥させないこと

女性のお肌の大敵は乾燥だと言われています。

シミ・シワ・たるみ・ほうれい線などなど、すべては乾燥が原因だと言われています。

それは男性の頭皮も一緒です。

頭皮が乾燥しやすくなると荒れやすくなるし、皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴詰まりの原因にもなって、薄毛やハゲが進行してしまいます。

ですので、まずは頭皮を乾燥させないこと。適度な潤いを保つこと。これが髪の毛を太くするための最優先事項となります。

そのためには、まずシャンプーを変えることが重要です。

市販のシャンプーは洗浄力が強く、頭皮の脂も全て流して乾燥しやすくなります。

古くなった汚い脂は綺麗に洗い流す必要がありますが、本来潤いを保つために必要な新しい皮脂を洗い流してしまうのはいけません。

新しい皮脂だけを残して頭皮状態を健康に保つためにも、低刺激シャンプー(育毛シャンプー)と呼ばれるシャンプーが必要です。

髪の毛の基本はシャンプーから。毎日髪の毛や頭皮に使うものだから、当然といえば当然ですね。

育毛シャンプーを使用して、夏の絶好の季節に頭皮の土壌を整えましょう。

それが秋・冬に刺激に負けない太くてハリのある髪の毛作りにつながります。

髪の毛を太くするための食事ってあるの?

髪の毛を太くするためには、育毛シャンプーを使ったり育毛剤を使ったり、いろいろなことが考えられます。

ですが、そもそもの生活習慣、特に食事内容で髪の毛を太くすることはできないのでしょうか?

髪の毛にいいと言われている食品をいくつか検証してみましょう。

牡蠣は髪の毛を太くする

牡蠣は髪の毛を太くすると言われていますが、それは本当です。

育毛剤のようにグングン効くわけではありませんが、牡蠣に含まれる大量の「亜鉛」が髪の毛の成長に不可欠な栄養成分となっています。

ただ単に牡蠣を食べまくっても意味がありませんし、牡蠣を食べ過ぎることで「亜鉛中毒」という別の症状が出てきてしまう場合もあります。

何事もやり過ぎはよくないですが、もし牡蠣が好物なら、普段の食生活に牡蠣料理を少し多めにすると髪の毛にはいいはずですよ。

海藻類は髪の毛を太くする

ワカメやコンブなどの海藻類が髪の毛を太くするというのも本当です。

ワカメやコンブが髪にいいというのは昔から言われていたことで、最近になって実は効果がない!いや効果はある!と賛否両論ありますが、海藻類が髪の毛にいいのは間違いないです。

ワカメやコンブといった海藻類には、ビタミン・ミネラルがたっぷり含まれています。

このビタミン・ミネラルが髪の毛や細胞の成長には欠かせない成分で、ビタミン・ミネラルだけでは栄養分にならないけど、髪の毛を成長させるための栄養分の補助的な役割を担います。

ビタミン・ミネラルは髪の毛だけではなくて、肌などの若々しく保つためのアンチエイジング成分でもあるので、体の老化防止にも効果があるということです。

体が老化すると、当然のことながら髪の毛も抜けやすくハゲやすくなるので、アンチエイジング効果から抜け毛を無くすという意味でも、効果のあるのが海藻類になります。

大豆食品は髪の毛を太くする?

大豆食品は残念ながら髪の毛を太くしません。

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」という成分が、女性ホルモンに含まれる「エストロゲン」という成分に非常によく似ているのでそういったことが言われます。

たしかに大豆イソフラボン自体もエストロゲンに似た働きをするのですが、それは体毛といったムダ毛の抑毛にはなりますが、髪の毛の成長には関係ありません。

髪の毛がハゲるかどうかは、男性ホルモンに含まれる「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という成分が関係しています。

ですので、大豆食品は体にはいいですが、髪の毛が生えたり太くなったりするかというと、残念ながらそのような効果は期待できません。

育毛シャンプーで頭皮の状態をケアする

髪の毛にいい商品をいろいろ試すときに、一番最初に考えたのがシャンプーでした。

毎日のことだし、そもそもシャンプーが合ってなかったら育毛対策しても意味が無いと思ったからです。

今使っているシャンプーのこと、市販されているシャンプーのこと、育毛シャンプーのこと。それぞれ細かく調べてみました。育毛シャンプーって普通のシャンプーよりは高いですからね。

市販のシャンプーの洗浄力は強すぎる

市販のシャンプーを調べて一番驚いたのが、洗浄力が強すぎること。

私は自分の中で、値段が安いから洗浄力も大したことなくて、結果として汚れや脂が残ってハゲるのだと思ってました。

実は全くの逆。

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎて、汚れと一緒に頭皮に必要な脂も全部洗いながしてしまいます。

頭皮が清潔になって良さそうなのですが、皮脂は本来、頭皮や毛穴を守るもの。その守るはずの皮脂まで洗い流してしまうので、体が頭皮を守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまいます。

この過剰に分泌された皮脂が、毛穴を詰まらせたり、頭皮に汚れを付着させたりするので、薄毛やハゲの原因になっていたわけです。

なるほどー。これは盲点でしたね。

育毛シャンプーは程よい洗浄力と頭皮ケアもする

育毛シャンプーは程よい洗浄力で、皮脂を適度に残してくれます。

皮脂を残すからといって洗浄力が弱いわけではありません。

古くなった皮脂や塵やホコリといった汚れはしっかり流してくれて、新しい皮脂を残して頭皮の潤いを保ってくれます。

また、育毛シャンプー自体に頭皮をケアする成分が入っています。

頭皮の状態が改善されるので、髪の毛が育ちやすい頭皮に生まれ変わって、生えてきた髪の毛がグングン育つようになっていきます。

髪の毛や頭皮に優しいノンシリコン系のシャンプーなので、余分な成分が髪の毛に残らないのも髪の毛の成長を助けています。

育毛シャンプーは育毛剤のように直接発毛や育毛を刺激するわけではありません。それ自体で髪の毛がモリモリ生えてくるわけではありません。

ですが、発毛や育毛の土台となる頭皮の状態を改善します。

どんなに発毛を促しても、髪の毛が育つ土台となる頭皮が荒れた状態だと髪の毛は育ちません。

育毛シャンプーでまずは頭皮ケアから始めてみたいと思います。

最近なんとなく髪の毛が細くなってきた

最近、なんとなく髪の毛が細くなってきたかなーって感じています。

朝洗面台に向かって顔を洗っているときに地肌が見えるようになってきたし、シャワーを浴びて洗っている時はなおさら地肌が目立つようになってきました。

髪の毛の量が減ってきているというよりも、なんとなく細くなっている感じ。

生え際から前頭部にかけて、髪の毛が細くなっているので地肌が見えているようです。

どうしたらいいのか日々悩む日々です。

生活習慣が髪に影響しているのか?

そういえば最近、生活習慣が乱れています。最近と言っても、もうここ数年ですが、仕事で重要な立場になるようになって、残業時間も徐々に増えてきました。

残業時間が増えると当然のことながら睡眠時間は減るし、会社にいる時間が長くなるから、間食したり帰りにラーメンやガッツリ系の食事など脂っこい食事になっています。

おまけに付き合いの飲みも増えているので、決して健康に良い生活ではないですよね。

一応タバコは吸っていないし、健康診断ではひっかかっていないけど、体重はここ3年で10キロも増えてしまいました。

調べてみると、髪の毛が細くなったり薄毛になる原因は生活習慣が主に関係しているということ。

決して髪の毛にいい生活をしているとは言えないですよね。

できるだけ夜更かししないようにしたり、外食しても体に良い物を食べようとしているけど、どうしても完全に解決することはできないです。

お酒の付き合いはあるし、睡眠時間もタップリと・・・というわけにはいかない。

髪の毛にいいこと、できることからやってみる

髪の毛に良さそうなことは、できることからやってみようと思っています。

育毛シャンプー、育毛剤、育毛サプリメント。

すでに地肌が見えてきている状態だから、何らかの対策は必要だと感じています。

もちろん生活習慣も改善して、できるだけ栄養バランスのいい食事や健康に良さそうなことをやってみるつもりです。髪の毛だけじゃなくて体の調子にもいいですからね。

でも、それだけだと不十分。

ここは髪の毛対策、薄毛対策として、市販されている商品をいろいろと試してみたいと思います。

男性なら仕方のないこととは言え、やっぱり薄毛が進行したり禿げていくのは抵抗がありますからね。