髪の毛を太くするための食事ってあるの?

髪の毛を太くするためには、育毛シャンプーを使ったり育毛剤を使ったり、いろいろなことが考えられます。

ですが、そもそもの生活習慣、特に食事内容で髪の毛を太くすることはできないのでしょうか?

髪の毛にいいと言われている食品をいくつか検証してみましょう。

牡蠣は髪の毛を太くする

牡蠣は髪の毛を太くすると言われていますが、それは本当です。

育毛剤のようにグングン効くわけではありませんが、牡蠣に含まれる大量の「亜鉛」が髪の毛の成長に不可欠な栄養成分となっています。

ただ単に牡蠣を食べまくっても意味がありませんし、牡蠣を食べ過ぎることで「亜鉛中毒」という別の症状が出てきてしまう場合もあります。

何事もやり過ぎはよくないですが、もし牡蠣が好物なら、普段の食生活に牡蠣料理を少し多めにすると髪の毛にはいいはずですよ。

海藻類は髪の毛を太くする

ワカメやコンブなどの海藻類が髪の毛を太くするというのも本当です。

ワカメやコンブが髪にいいというのは昔から言われていたことで、最近になって実は効果がない!いや効果はある!と賛否両論ありますが、海藻類が髪の毛にいいのは間違いないです。

ワカメやコンブといった海藻類には、ビタミン・ミネラルがたっぷり含まれています。

このビタミン・ミネラルが髪の毛や細胞の成長には欠かせない成分で、ビタミン・ミネラルだけでは栄養分にならないけど、髪の毛を成長させるための栄養分の補助的な役割を担います。

ビタミン・ミネラルは髪の毛だけではなくて、肌などの若々しく保つためのアンチエイジング成分でもあるので、体の老化防止にも効果があるということです。

体が老化すると、当然のことながら髪の毛も抜けやすくハゲやすくなるので、アンチエイジング効果から抜け毛を無くすという意味でも、効果のあるのが海藻類になります。

大豆食品は髪の毛を太くする?

大豆食品は残念ながら髪の毛を太くしません。

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」という成分が、女性ホルモンに含まれる「エストロゲン」という成分に非常によく似ているのでそういったことが言われます。

たしかに大豆イソフラボン自体もエストロゲンに似た働きをするのですが、それは体毛といったムダ毛の抑毛にはなりますが、髪の毛の成長には関係ありません。

髪の毛がハゲるかどうかは、男性ホルモンに含まれる「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という成分が関係しています。

ですので、大豆食品は体にはいいですが、髪の毛が生えたり太くなったりするかというと、残念ながらそのような効果は期待できません。